読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかしてチャーハンって白米を油で炒めただけでも十分美味しいんじゃ…

久しぶりにチャーハンを作ってみた。

冷や飯を使う、ウェイパーを使う、炒める前にご飯と溶き卵を絡める、などハウツーはあるが、とりあえず忘れてシンプルに。

フライパンをカンカンに熱して安物のサラダ油をたらす。炊き立ての白米をジャーから直接投入して油と絡める。ほぐしながらしばし炒めていると、ご飯と油の香ばしい風味が立ち込めてくる。具も塩胡椒もまだなのに、もう食欲が臨界点だ。

本来、飯を炒めるから炒飯なのであって、溶き卵と絡めたらそれは卵焼きごはんだ。先に油と炒めるとご飯がパラパラになり、水分が油で閉じ込められるからパサつかない。素パスタならぬ素チャーハン。これに醤油と胡椒だけでもいけそうに思える。

その素焼飯を皿に一旦上げて、まな板の上にある微塵に刻んだ肉と野菜を炒める。肉から油脂が出るから油は引かない。まだ味付けはしない。熱が程々通ったらこれも皿に移す。先ほどのご飯の上でいい。これだけで見た目は肉野菜炒め丼みたいになる。めんつゆでも回しがけして、それも良い。

最後にまた少量の油を引いて、卵を落とす。ボウルに入れて溶き卵を作るとか、さしすせそで味付けするとか不要だ。スクランブルエッグがある程度砕けたら、皿の上の下ごしらえを放り込んで全部炒める。

ようやく味付け。最低限、塩コショウで事足りる。お好みで醤油、XO醬、オイスターソース、ごま油などで風味づけしたらいいが、個人的には余計なものだ。他人が食べたら味気ないと感じるかもしれない。

かき混ぜて完成。フライ返しは必要ないというレシピが多いが、全体を手早くシャッフルできるテクニック自体は悪くない。そもそもチャーハンは時短料理だ。

実食。こうしてシンプルに作られた炒飯は期待に応える満足な味だった。ただ、最初に白飯を油で炒めた時に抱いた「素チャーハン」への興味は満たされていない。今度はあれに味付けしてみようと思う。

ご飯と油だけの料理。味とか栄養バランスとか、先入観で美味しくないと判断する人には決して体験できない裏路地の味を試してみたい。